携帯クーポンの実践
-クーポン施策のその他検討事項-


店頭オペレーション
店頭でのオペレーションをしっかり検討しておくことは大切です。

嫌々対応したり、要領を得ない対応で時間がかかったりすると、もうクーポン利用したくなくなります。
それは、もう来店していただけなくなることを意味します。

広告やメール配信の予定等を共有しながら、アルバイト要員を含めた全員がしっかりとクーポン提示をされた時の対応ができるようにしておくようにしましょう。

効果測定
どれくらいクーポンが利用されたのか、を把握するようにしましょう。

いつどのクーポンがどれくらい利用されたのか、さらに、誰が利用したのか、まで把握できるようにしておくことは重要です。

どの媒体経由(広告からかメルマガからか?)で取得したクーポンが利用されたのか、も把握するようにしましょう。

これらの測定結果に基づいて、各施策毎のROI(費用対効果)を算出し、できるだけ効果の高い施策を継続して実施するようにしましょう。

携帯販促ASP「betrend」では、アクセス解析やクロスタッチを使って、媒体毎の流入数や誰が利用したのか、まで把握するような効果測定機能を提供できます。

CRM
お客様を利用状況に応じて、階層化し、よく利用いただくお客様には、より大きな特典を提供するようなCRM施策まで展開していくことも是非ご検討ください。

ただ、いきなり大きな投資をするのではなく、小さく実施して試行錯誤を重ねながら、少しずつ改善していくようにすることが重要です。


ビートレンドは、携帯販促ASP「betrend」の各機能や携帯販促のノウハウをベースに、皆様のクーポン施策をサポートします。
携帯クーポンを含めた携帯販促全般を是非ともご相談ください。

戻る
トップ